WiMAX使ってみた感想

WiMAXのモバイルルーターを契約して使ってみた感想を書きます。
使用用途としては、PC・iPhone・iPadでネットサーフィンをする程度。
モバイルルータの中でもWiMAXは速度が速いと知人から進められて契約する事にしました。
まず接続設定は簡単で、電源を入れて接続する機器からSSIDを検索しルータのパスワードを入力するだけ。他には何も操作は必要ありませんでした。
次にPCからのインターネット接続を試しました。単純なネットサーフィンをするだけなら速度に対する不満は全く感じませんでした。youtube等の動画サイトを閲覧するにあたっても特にストレスはありません。どれだけ利用しても通信規制がかからない点は非常に良かったです。
気になった点として一定時間接続が行われなかった場合、自動的にルーターの電源が切れてしまう事です。
自宅で利用する場合は思い立った時にすぐネット検索をしたいのですが、その都度接続操作が必要となりました。動画等のデータ量の多いコンテンツをダウンロードする際に途中で接続がきれてしまいダウンロードし直さなければならない事が何度かありました。
また、少し使ってみて気付いたのですがあまり自宅外で利用する場面がありません。元々、出先でPCを使う様な仕事をしている訳でもなく、iPhoneやiPadでは本体の3G回線で事足りるのです。モバイルルーターで接続すれば多少通信速度が早くなった様な気もしますが、毎回接続操作をする事に面倒臭さを感じてしまいました。
今では持ち歩く事はなく、自宅で充電器を挿したまま自宅内だけで利用しています。
利用し始めて半年程経ちましたが、私にはモバイルルーターを使うメリットはあまり無かったのかもしれません。
光回線等を契約した方がインターネットだけでなくテレビも楽しめたり固定電話も契約できたりしますので。
モバイルルータだと工事も不要、ごちゃごちゃしたケーブルも無くスマートに使えると行った良い点はあります。結局は利用環境によって使い分けるのが一番良いのだと思います。

費用と便利さで選んだWiMAX

私は2009年から今年の4月まで中国へ留学していました。日本への帰国した理由は、5月に結婚するためです。結婚後は、妻の実家が関東方面にあるので、東京へ住むことに決めて、アパートを探しました。自分たちの予算内で無事にアパートを見つけることができ、引越しの段取りも整いました。そこで、今度に考えたことはインターネットをどうするかということです。
私が日本にいたころは、住んでいたのが岩手県だったこともあり、WiMAXのようなワイヤレス機器がまだ進出しておらず、家にADSL回線を引いて、インターネットを利用していました。それで、今回考えたのは普通にプロバイダと契約して、家にネット回線を引くか、それともWiMAXのようなワイヤレスルーターを利用するかどちらにするかを夫婦で話し合いました。
普通にプロバイダと契約する利点としては、回線速度が速く、安定しているという点です。また、050のIP電話を利用することができるので、固定電話を引かなくても良いという点もメリットだと思いましたが、今は携帯電話があるので、正直、あまり固定電話を使う機会は少なく、私たちにとっては大きなメリットではないと思いました。
WiMAXの利点は、家だけでなく、どこでも持ち歩くことができ、ネット回線を利用できるという点です。タブレットを持っている私にとって、とても便利だと思いました。少し心配だった点は、ネットの通信速度です。それが安定した速さであるかどうかが不安要素でした。
こうした点を考慮して、結局私が選んだのはWiMAXです。ネットでWiMAXの評価を見ると、都内では安定した通信速度があるとの評価が多かったので、WiMAXにしました。実際に使用してみると、たまに通信が遅くなることがありますが、ほとんどの場合問題なく、ストレスなくネットにアクセスすることができます。私の場合、タブレットの容量が小さいので、クラウドを利用しているのですが、WiMAXならば、いつでもアクセスできるので、そうした面でも助かっています。

WiMAXを選んだ理由と使用してみた感想

選択としてEモバイルと2択でしたが、以下の理由でwimaxにしました。

1:二年縛りが無い
2:Eモバイルでいい噂を聞かない。
3:ビックカメラで契約だと15日間無料期間がある。

エリアでちょっと不安でしたが、外出先で主に使う勤務先付近で●だったので
こちらに。40Mって言うのも魅力(もちろんベストエフォートなので全開と
は思ってませんが)

Eモバイルのポケットwifi契約特典のPSP100円購入も魅力でしたが
外出でメインで使うPCネットの使い勝手を考えるとやはりwimax。
後は自宅での使い勝手を何日か試して、快適なら家の固定回線解約も視野に。

気になる電波状態について詳しく言及いたしますと、エリア内とされているところでも、電波状態の良いところと悪いところがかなりはっきりと分かれますね。

勤務時間中は外出先で社用PCをつなげてみるのですが、秋葉原の神田川沿いのビルはバッチリ入る一方、大崎の高層ビルの中層階では窓側に座ってもまったくダメだったりします。

また、京浜東北線で上野-川崎を良く利用しますが、ハンドオーバー性能はイマイチな為、駅での新幹線/特急の発車待ち用に限られる感じです。
スイートスポットにはまるとFOMAカードを使って通信するより速い一方、ハンドオーバーやエリアの穴を考えるとFOMAに一日の長があるように思われます。

WIMAXは基本がモバイルなのですから、ハンドオーバーは何とかしてほしいところです。

自宅は光が入っているので使う気はないのですが、テストしてみるとリビングはOKでも寝室はダメだったり。(マンションの6階です)

自宅で使う人は学生さんを除いてほとんどいないと思いますが、取引先の事務所など出先で使うケースは多いと思われますので、ビル対応(特にオフィスビル・商業施設)などもしっかりしてほしいですね。

地方エリアがなかなかまだ広がっていないことや建物内が弱いのは、今後の楽しみということにして
これからも使用していきます。

Wimaxか、スマホのテザリングか?

1ヶ月ほど前からWimaxを使っています。買う前はとても迷いましたが、やはりこちらを選んで正解でした。
iPhoneが新しくバージョンアップするのに伴い、それまでガラケー派であった自分もそろそろ時流に乗ってiPhoneに替えようかなと思っていたのですが、自宅のノートパソコンもインターネットにつなげたいし、iPadも買ってインターネットができるようにしたいという希望があり、何度も電化製品の店に通って、いろいろなアドバイスを受けました。
iPhoneのもつテザリング機能を使えば、iPadや自宅のノートパソコンもインターネットができるので、これが一番安いと判断したのですが、最終的にはWimaxでインターネットをすることにして、ガラケーはそのままにしました。最大の理由は、スマホのテザリング機能では、動画をあまり長く観ると、すぐに制限にひっかかってしまうのと、バッテリーが長時間もたないこと、通信速度がかなり遅くなることなどがあり、iPhoneを購入するのはあきらめました。また「iPhoneとiPadの両方を持っていても、基本的に同じものだから意味がない」と言われたことも大きな判断材料となりました。
実際にWimaxを使ってみて、やはりこちらを選らんだことは正解だったということです。毎日動画は見放題で、通信費が定額であることから、全く気にせず、動画を閲覧できるのはとても快適です。
また、Wimaxが使える地域が非常に広いことから、どこで使っても不自由はありません。それと3GやLTEなどと比較しても通信速度は格段に上ですので、かなりサクサクとインターネットに接続できます。
また、毎月の通信費も、基本的には4000円弱のものが一般的ですが、キャンペーン等で、多額のキャッシュバックをもらえたりして、実質的な負担は月2000円くらいであったりすることもあります。
最近はWimaxのルーターも小型化、薄型化してきて、ほとんど名刺入れのような大きさのものが主流になっています。これはとても軽くて、ユーザーにとってはありがたいことです。
ともかく、Wimaxを選んで世界ががらっと変わって見えます。

WiMAXを選ぶ理由と使用感

以前住んでいた実家では今も光回線を引いています。無線LANルーターを使ってパソコンやスマートフォンを接続しており、快適な速度で接続できていました。仕事の関係で実家を出ることになり、新居でインターネット環境をどうするか考えました。光回線にするか高速モバイル通信にするかで悩みましたが、私の生活スタイルや使い方ではモバイルの方が合っていると判断しました。物理的な回線を申し込むと引越し時に面倒です。条件を満たさず解約すると違約金がかかりますし、移転するにも手続に手間がかかります。もちろんモバイルでも違約金はありますが、引越しの際そのまま持ち出せばいいので、手続が不要で楽です。また家と外を問わずエリア内であれば接続できるのもメリットです。一人暮らしですので、常に家に置いておく必要はありません。

モバイル通信の中でもいくつか選択肢がありますが、WiMAXを選びました。理由はまず現状で通信データ量に制限がないためです。動画サービスをよく利用しており制限がかかると本当に困るため、これは大きなアドバンテージになります。キャッシュバックなどの特典が他社より充実しているのも魅力でした。全国どこでも利用できるわけではないですが、エリアは確実に広がっていますし、少なくとも私の生活範囲では問題ありません。月額料金に関しては特に安いわけではなく、光回線の一番安いマンションタイプで利用するケースと比較して同等でした。

使用感としては、まず速度は許容範囲といったところです。さすがに光回線には及びません。とはいえ通常のWEB閲覧においてはほとんど差を感じることがないです。動画サイトでは高画質再生だと止まることがあります。サッカーゲームの通信対戦では光環境では滑らかだったのですが、WiMAX環境では多少ぎこちない動きになりやすい印象です。どうしても電波状況に左右されるため、住まい環境によってはもっと速度が出るはずですし、逆に使用に堪えないケースもあるでしょう。機器はWiMAX端末だけですので配線がすっきりしています。パソコン、タブレット、スマートフォン、無線対応プリンタなど複数接続していますが、私の使い方では特に不満はありません。

 

固定回線としてWiMAXを選んだ理由

私は今、自宅の固定インターネット回線としてWiMAXを使用しています。WiMAXを自宅の回線に選んだ理由はまず、光やADSLに比べて申し込んでから開通するまでの期間が短いという点です。ADSLなどは回線使用可能かどうかのチェックを経て、NTTの局内工事を行う必要があり、申し込んでも開通まで2週間かかったことがあり、すぐに開通させたかった私としては待ちきれないなと感じました。WiMAXは申し込んでルーターさえ届けばすぐにネットにつなぐことができたので、とても楽だし助かりました。次に、1年契約や2年契約といった縛りがなく、気に入らなかったらいつでもやめられるという点です。最近では業者によって年間契約でやや月額使用料を抑えられるプランができたようですが、私が加入した時は「縛りなし」を売りにしていて、そこに好感を持ったのです。そして、電波が繋がるかどうか1週間のお試しができたことも、WiMAXを選んだ大きな理由でした。電気屋さんに行ってお試しを申し込み、実際に1週間使ってみたことで自宅にWiMAXの電波がしっかり届くことが確認でき、お試し期間が終わってから安心して回線契約を申し込むことができました。実際、以前住んでいたアパートでADSLを申し込んだときに、つないでみたら全く使い物にならないほどの速度しか出ないことが判明、すぐに解約したものの、1か月分の料金が無駄にかかってしまったという経験をしていたので、なおさら安心感がありました。このような理由で契約したWiMAX、これまで特に不自由になるほどの速度の遅さを感じたことはありませんでしたが、我が家ではちょっと電波が弱いらしくアンテナが常に2本の状態でした。どうしたら3本立てられるようになるか、ネットでいろいろ調べたところ、窓際に置いたうえでステンレス製のボウルなどを使って簡易アンテナのようなものを作ると電波が増幅されてアンテナが立ちやすくなるという情報を得ました。そこで早速やってみたのですが、効果てきめんでした。アンテナは3本立ち、ネットの速度も少し向上しました。これでますます快適にWiMAXを利用し続けることができます。

Wimaxルーターを利用したきっかけと感想。

iPhone5ユーザーです。パケット定額により快適なネット生活を過ごすつもりでした。しかし、キャリアのAuのiPhoneはまだまだLTEの対応エリアが狭いため、速度に不満がありました。さらにテザリング対応ということでiPhone5を選択したにも関わらず、3G回線でテザリングするのに何だかバカバカしさを感じるようになりました。結局Wimaxルーターを導入することに至ります。

Wimaxルーターのいいところは暗号によるパスワードさえ間違わなければ、電源ボタンを入れただけで快適なインターネットができるということです。

私の買ったルーターはMoblie Slimという製品ですが、名刺サイズのコンパクトさに加え100gを切る軽量最大連続通信時間8時間ということもあり、選びiPhone+Wimaxルーターという組み合わせで使用しています。今までiPhoneに6000円近く払っていた通信料がほぼ半分以下になりました。1つモノが増える点ではバックの中身が一つ増えて面倒なところもあるのですが、なかなか便利です。自宅の回線トラブルが起きた時でも非常用のネット回線として機能しています。

ただ、毎日充電するのにUSBのマイクロ端子なのでいちいち抜き差しするのが面倒だという不便さはあります。クレードル付きのセットを買うとすこし便利かと思います。また、私のよく利用する駅前の喫茶店を4店舗くらい試しましたが、すべて電波を拾えずにネットができないのには非常にがっかりしました。

おそらく窓ガラスを突き刺してまではWimaxの無線は届かないように感じています。

鉄道内ではしっかり電波をつかむので通勤時間の際のネット検索では重宝しています。Wimaxルーターは本体価格を0円とし、毎月2999円から3880円の月額利用2年縛りというのが多いと思います。キャッシュバックキャンペーンもあるので実質負担はさらに減りますが、バッテリーのヘタリ具合を2年間続けてしようするのには若干無理のあるプランではないかと思います。

ケーブルさえあれば、スマートフォンに充電できる機種もあります。それぞれのWimaxルーターに当たり外れはあるものですが、NECのAtermシリーズくらいが一番定番なのではないでしょうか。

もう少し安定するといいんだが

私がWiMaxを利用するようになったのは、子供の学校の関係で自宅とそれほど遠くはない場所に一時的にアパートを借りそちらでネットを使って仕事をすることになったからです。期間限定であるし、自宅にはすでにケーブルテレビとセットにして契約しているネット環境があったので、さらにネット契約をするのは勿体無いと思っていたとこ、そのケーブルネットのキャンペーンがあり本体無料ということでWiMaxを契約することにしました。月々の使用量もそれほど気になるものではなかったし、何より数台の端末を使えるので本当に助かっています。外出先でも荷物は増えるけれどipadやノートパソコンを使うのに便利ですし、速度も納得のレベルなのでわりと満足していました。気になる点としては、本体の充電が1日はもたないので常に電源も持ち歩かなくてなならないことや、非常に熱を持ってしまうのでカバンの中でチョコレートがドロドロになってしまっていたことです。何かで目にした記事にはWiMaxのそばに観葉植物を置いておくと枯れてしまうとか。本当かどうかは試してみていないのでわかりませんが多少不安なきもちにはなりました。またやはり屋外利用が前提、との理由からか屋内では不安定なことが多いです。窓の近くにおいたりして工夫はしているのですがなかなかつながらないこともあります。一番困るのはメールの送受信の最中で不安定になってしまい送ったつもりのメールが送れていなかったり、受信してないメールがあったりで連絡事項が遅れてしまったりといったことがあることです。ネットで検索中もよく不安定になり「サーバーにつながりません」のメッセージが出てしまうともういちどWiMaxの電源を落としまたいれてという作業を余儀無くされここでも作業中断によるイライラとタイムロスが生じてしまいます。ケーブルに問い合わせても特に有効な対処方法はないとのことなので、やはりずっとメインで使い続けるにはまだまだ抵抗があるところです。

wimaxの使用感

wimaxを使用するきっかけはスマートフォンでした。
スマートフォンはもともとLTEがついており、高速なのですが、それでもwimaxを使用しようと思ったのは、値段です。
私の入っていたプランはUQFlatという月額3800円で使い放題のプランです。
スマートフォンはLTE回線を申し込む際にプロバイダ料約315円と通信プラン約4000円に申し込まなくてはなりません。
しかし、スマートフォンを3G回線のみで申し込み、使いたい放題などにしなければ、ほとんど315円で携帯の通信費が
済み、約1000円程安くすむという魅力があったからです。
実際に使用してみるとほとんど不便がありませんでした。
回線は東京にいる分にはほとんどの場所で電波が入ります。
欠点といえるのは、携帯のほかにもう一台携帯と同じサイズの機材を持ち運ばなくてはいけないことです。
wimaxを使用するには、wimaxの電波を受信する機械を持ち運び、その機械と携帯を接続しなくてはなりません。
結果として、携帯の充電は通常よりも早くなくなります。それとともに、wimaxの機械の電池も消耗していくので、
予備バッテリーのような形で充電器を持ち運ぶ必要もありました。
しかし、毎月1000円出費を抑えられると考えると、その欠点もさほど気にはならないかと思いました。
また、wimaxの機械は携帯だけでなく、パソコンとも接続ができるので、出先で急にメールを送らなくてはいけなくなったり
した際にもとても重宝します。
wimaxは新規顧客の獲得にも力を入れているようで、通常の使いたい放題プランとは別に1日(24時間)限定のプランが600円で
用意されています。
私はよく、出張に行くことがあるのですが、出先にwimaxの機械を持っていくのを忘れてしまった際などは、1日限定のプランを
申込、打ち合わせや外での仕事をする時に使用していました。
通信エリアも徐々にではありますが、拡大しつつあり、都心部や駅の近くにいる分にはほぼ問題なく、私は出張先などでも
電波がないという状況に陥ったことはありません。さらに、最近では地下にも徐々に対応してきているようです。

WIMAXの賢い使い方

私は今AUのISW11SCと言うWIMAX内臓のスマートフォンを使ってます。そもそもこのスマートフォンを選んだ理由はWIMAXが月々525円で使え、他社のNET使用料金に比べ圧倒的に金額が安いのが最大の魅力と感じています。しかも利用制限もなく、テザリング使用料もかかりません。これにより自宅のNETは解約しました。
使用感ですがどこでもノートPCが使え本体も小さいので持ち運びにも非常に便利です。また、WIMAXは受信感度が悪いと言われますが、確かに入り組んだ場所などでは感度が落ちますが窓際に持っていけばすぐ感度は上がるので私の使う範囲では非常に快適に使えてます。回線速度も平均で5~6メガ程出ており通常使用には支障ありません。WIMAXはコストパフォーマンスが非常に高いと思います。
ただ、気になる点もいくつかあります。それはWIMAX本体の違いで受信感度がかなり違うところと、PING値が悪く遅延が発生するところ、そして回線の不安定さです。
今までにWIMAX機は2台使ったのですが明らかに感度が以前のものより落ちました。同じ料金を払うものなのでやはり不満はあります。それとPING値の数値が悪く例えばオンラインゲームなどはかなり遅延が発生します。やはりゲームなどは有線が必須だと感じました。あとは回線が突然落ちたりがたまにあります。
なんとかこの不満を解消できないかといろいろ調べた結果、2つ解決方法を発見しました。
1つはWIMAX本体を変更すること、先程も述べたとおり機器での受信感度が違うのでかなり効果があります。特に据え置き型でWIMAXハイパワーのものは非常に感度が良いみたいです。しかも有線での接続も可能なので、安定性も向上すると思います。
2つ目は自作アンテナです。びっくりするぐらい効果があります、しかも程タダで改善可能です。
私は普通に家庭にあるような大きめの料理用ボールを使いパラボナアンテナ風にしてみたのですが、受信感度、速度(上り、下りどちらも)、安定性すべて効果がありました。自宅で使い時は窓際にこれをおいて使ってます。本当にメーカーさんがオプション商品で販売してくれないかなと思うくらい効果があります。
また、最後に最近WIMAX2の記事をちらほら見るようになってきたので非常に期待してます。